コア・コンピタンス (Core Competence)

コア・コンピタンス (Core Competence)とは

コア・コンピタンス (Core Competence)とは、競合他社を圧倒的に上回るだけの能力をさします。インターネット上でビジネスを展開しているときにも当てはまることですが、たいていは競合他社が存在しますし TOYOTIRES トーヨー オープンカントリー RT R/T OPEN COUNTRY サマータイヤ 165/60R15 MANARAY SCHNEDER SQ27 ブラック ホイールセット 4本 15インチ 15 X 4.5 +45 4穴 100 【送料無料】 205/45R17 17インチ TOPY トピー ドルフレン フィニート 7J 7.00-17 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】、優れた技術を用いたり、あるいは優れた商品やサービスを開発したりしても、すぐに競合他社に真似されてしまうと言った状況になることもあります。しかし、あまりにも優れた技術や商品、サービスは簡単には真似ができません。このようなものがコア・コンピタンス (Core Competence)と呼ばれます。ですから、

03-09 YZF-R6/S用YOSHIMURA(ヨシムラ)TRCスリップオン カーボン販売はここにある!

、スピードの速いインターネットであっても HKS サイレントハイパワー マフラー ライフ DBA- JB7 31019-AH001 silent Hi-Power スポーツマフラー【店頭受取対応商品】、コア・コンピタンス (Core Competence)は非常に重要な役割を果たすのです。

コア・コンピタンス (Core Competence)のお役立ち情報

コア・コンピタンス (Core Competence)は NAP ダイレクトイグニッションコイル(IGコイル) ダイハツ/スバル 純正品番90048-52107-000 【UVIC-0001】、経営に関する言葉の一つです。もともとはハーバードビジネスレビューに掲載された文書に登場した概念で、その後、重要な意味を持つことからいろいろな場所で用いられるようになりました。コア・コンピタンス (Core Competence)となりうるにはいくつかの条件を満たすことが必要です。まず、顧客に利益をもたらすことが必要です。そして、競合他社に真似できないことも必要とされます。さらに 、複数の商品や市場に応用できることも必要となります。例えば 【ワゴンR ダウンサス】MC21/MC11S 98/9~02/9 K6A RG/レーシングギア (SS003A、自動車メーカーが独自の技術を用いてエンジンを開発し、それをほかのメーカーは真似できず、

03-09 YZF-R6/S用YOSHIMURA(ヨシムラ)TRCスリップオン カーボン

、かつ自動車以外の製品にまで応用できるといったものがコア・コンピタンス (Core Competence)となるのです。

  • 03-09 カーボン YZF-R6/S用YOSHIMURA(ヨシムラ)TRCスリップオン カーボン YZF-R6/S用YOSHIMURA(ヨシムラ)TRCスリップオン