>  > zoom/ズーム ダウンサス ダウンフォースHG 156 SPORTWAGON 932B1 Alfa Romeo/アルファロメオ

zoom/ズーム ダウンサス ダウンフォースHG 156 SPORTWAGON 932B1 Alfa Romeo/アルファロメオ


2
2輪 ベスラ ブレーキパッド メタル フロント スズキ GSX250L 250cc 1986年

zoom/ズーム 932B1 Romeo/アルファロメオ SPORTWAGON ダウンサス ダウンフォースHG 932B1 156 156 Alfa

8.5. 動作テスト(擬似障害テスト)

ポリシーを適用したところで 、ひとまず動作テストを行ってみます。今回は物理サーバ[HV01]に擬似的なストレージ障害を発生させることで、[仮想マシンサーバ用ポリシー(Hyper-V)]の[ディスク障害(ESMPRO警告)]イベントへの対応処置をテストします。

「8.3.1 物理サーバ用のポリシーの確認」で説明したとおり、[ディスク障害(ESMPRO警告)]イベントの対応処置は、故障マーク設定、通報 【メーカー在庫あり】 EKチェーン 江沼チェーン スリード シリーズ 黒/ゴールド (120L) カシメ 530Z HD店、イベントログ出力 ビームス(BEAMS)CORSA-EVOIIチタン マフラー PCX 150[G145-65-000]、そして、VMの他のHyper-Vホストへの移動です。テストでは、SSCのGUIで擬似障害を発生させた物理サーバ[HV01]に故障マークが付き、[HV01]上の仮想マシンが他のHyper-Vホストに移動されることを確認します。

まず、

、Webサイトから[擬似イベント発生ツール]の圧縮ファイルをダウンロードし、管理サーバの任意のフォルダに解凍・保存します。今回は Acerbis X-Brake フロント ディスク カバー with Mounting キット オレンジ - フィット: KTM 350 SX-F 2015-2018 (海外取寄せ品)、<C:\temp>に保存したとします。

Windowsの[スタート]メニューから[Windows システムツール]→[コマンドプロンプト]をクリックします。「コマンド プロンプト」が起動したら、次のようにカレントディレクトリを<C:\temp>に移動します。

次に、<C:\temp>内に保存した[擬似イベント発生ツール(sendevent.exe)]を次のように実行します。

障害がどのように見えるか確認しましょう。

まず、画面右上の[運用]をクリックし、[運用]ビューを開きます。ツリービューの[ClusterDC]グループに故障マーク(赤い×アイコン)が付いているのが確認できますので、[ClusterDC]グループをクリックします。

[全般]タブの[ホスト一覧]の枠を見ると、[HV01]が[故障]状態であることが分かります。

図 障害発生時の[運用]ビュー

[ホスト一覧]の枠の[Hyper-V]のリソース[HV01]をクリックし、リソースの状態を確認してみます。

下の図のように[リソース]ビューでリソース[HV01]の状態が表示されます。[マシンステータス情報]の枠を見ると、やはり[故障]であることが分かります。

図 障害発生時の[リソース]ビュー

さらに、[運用情報]の枠の[仮想パス]の[virtual:/hv-cluster.ssc-handson.net/ClusterDC/HV01]をクリックし、[仮想]ビューを確認してみます。

下の図のように、[仮想]ビューのツリービュー上でも[HV01]に故障マークが表示され、故障状態にあることが分かります。さらに、各Hyper-Vホストのツリーを展開すると、[HV01]の配下にあった[VM-01]と[VM-02]が別のHyper-Vの配下に移動していることが分かります。

ちなみに、擬似障害の投入直後のVMの移動が完了していない場合、[HV01]の配下に[VM-01]と[VM-02]が残っていることがあります。その場合は、しばらく時間をおいてから右側[操作]メニューの[画面更新]をクリックし、VMが移動したことを確認してください。

また、各Hyper-Vで稼動しているVMの一覧は、中央の[稼動中VM一覧]の枠でも見ることができます。

図 障害発生時の[仮想]ビュー

次に、[HV01]の[運用情報]の枠の[ハードウェアステータス]の[(状態詳細)]をクリックしてみます。

[HV01]の[状態詳細]が表示され、[状態一覧]の枠の[ディスク(要交換)]の状態が[故障]となっていることが分かります。

図 [HV01]の状態一覧画面

テストの確認が終了しましたので、最後に、[仮想]ビューで故障状態を解除し、[HV01]の配下に戻すために[VM-01]と[VM-02]を移動します。

zoom/ズーム ダウンサス ダウンフォースHG 156 19インチ×7.5J SPORTWAGON 932B1 ナットセット Alfa Romeo/アルファロメオ

ツリービューの[HV01]をクリックし、[HV01]を選択状態にします。左の[操作]メニューから[故障状態の解除]をクリックすると、故障状態がクリアされ、ステータスが[正常]に変わります。

次に、[HV01]の配下へのVMの移動を行います。

5.4. 手動でのMigration(仮想マシンの移動)」に記載の方法でも可能ですが、今回は、タイムライン機能を利用して行ってみましょう。

タイムライン機能では、運用グループ内のマシンの状態やVM配置に関する過去からの経過の情報がわかりやすく表示されます。

今回のテストでの障害の発生タイミングや障害前後のVM配置も、簡単に確認することができます。また、過去のVM配置に1度の操作で簡単に元に戻すことが可能です。

まず、[運用]ビューのツリービューにある[Hyper-V]をクリックした後、[タイムライン]タブをクリックして、タイムライン画面を表示します。

今回のテストにおける変更の履歴を確認するために、画面の上側にあるタイムラインの表示部でマウスのスクロールボタン(ホイール)によるスクロールを行なったり OZレーシング ホイール本体 OZ-5S PIEGA アルミ鍛造ホイール カラー:ブラックペイント ZEPHYER 1100 RS 96-08、[拡大]のアイコンをクリックしたりして、表示期間を拡大して次の画面のように表示します。

前述で説明しました[HV01]に対して 【送料無料】 235/35R19 19インチ ROUD ラウド シェンカー 8J 8.00-19 DELINTE デリンテ D7 サンダー(限定) サマータイヤ ホイール4本セット、[故障状態の解除]を実行した後の状態が表示されています。

図 [HV01]の故障状態を解除した後のVM配置

履歴の詳細は以下のように確認することができます。

次に、タイムラインの表示部上で数字が14の赤丸より前の日時をクリックすると、次の画面のように擬似障害テストを実施する前のHyper-VグループのVM配置が表示されます。

この画面から、次の操作を行うと擬似障害テスト実施前のVM配置に戻すことができます。

VMが移動する時間をしばらく待ち、

zoom/ズーム ダウンサス ダウンフォースHG 156 SPORTWAGON 932B1 Alfa Romeo/アルファロメオ

、[仮想]ビュー上のツリービューなどで[HV01]に[VM-01]と[VM-02]が移動したことを確認します。仮想マシンの移動がツリービューに反映されていない場合は[操作]メニューの[画面更新]をクリックしてみてください。

図 擬似障害テスト前のVM配置

親トピック
【ルーフボックス&キャリア】ジムニーワイド 等にお勧め PACKLINE + THULE ルーフキャリア 車種別セット 本体 NX 195、フット 757、ウイングバー 961 型式等:JB33W 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:ヴォクシー ハイブリッド(80系)】HOT STUFF Gスピード G02 メタリックブラック 6.0Jx15LEMANS V LM5 195/65R15 8. 予兆を含む障害対応機能の設定
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-27567