■DIXCEL(ディクセル) アウディ A3 (8V) 1.4 TFSI / 1.4 TFSI cylinder on demand 8VCXS/8VCPT/8VCXSL/8VCPTL AUDI ブレーキパッド フロント M タイプ

« さよならアイスバーグ・・・ | トップページ | 落書き麦わら »

2008年6月10日 (火)

昨日、愛するアイスバーグがえらい目に遭ってしまったので、緊急避難措置として急遽、芽接ぎを執り行なうことにいたしました。

せっかくですのでこの際、詳細について出来るだけ詳しく書いておこうと思います。

そもそも、芽接ぎとは台となる植物(バラの場合一般的に強健な原種であるノイバラ<ムルティフローラ>)の成長する力に便乗して、芽の活着を図るものなので バラの生育の旺盛な5月~10月(生育の鈍る8月を除く)頃までの長い期間で適期になります。

また RSR ダウンサス スプリング Ti2000DOWN リアのみ パッソ KGC10 16/6~ T410TDR、そのほか利点としては接木や挿し木で増やすことの難しい品種でも、抜群に活着率がよく、すでに根を張った台に接ぐ(当たり前ですが・・・)ので、挿し木よりはるかにスタートダッシュが早いことが挙げられます。また、接木のように自分に向かって刃物を動かす恐怖や 刃が外れたら確実にザックリいく危険もなく、安全な接ぎ方です。

さて、準備する道具ですが、ナイフとテープ・・・以上。なんですが、ナイフはカッターナイフや小刀でも出来なくはないです。が、出来れば芽接ぎ用の平刀があればやりやすいです。ただ、あまり一般的な物でもないようなので、どこで手に入れたらいいかは難しいのですが、近くのナーセリーに問い合わせて分けてもらうのも手だと思います。

テープは、芽接ぎ用のフィルムテープ。こちらは園芸店なんかで扱っているんじゃないかと思います。最悪は電気用のビニールテープでも可・・・らしいです。私は縛るのが面倒なので、アグリス社の「メデール」という粘着性のテープを使っているんですが、これは伸ばすとテープ同士がくっついてぴったり密着するし、芽にかぶせて巻いても、突き破って芽が出ます。(だからメデールなんですね・・・)しかも自然に劣化するので、株が太ったとき、

、普通のテープのように取り忘れて食い込んでしまうこともないすぐれものです。が、メーカーからはケース単位でしか買えません。さすがに、そんなにあっても個人では一生かかっても使い切れない量なので、小売してくれるところをいろいろ探しまくったら、「自然の休憩所」(Berry'sLife)というお店で通信販売していて、ホームページで1m単位とかでも注文を受け付けてくれます。

http://kaz-berry.cool.ne.jp/index.htm

では、芽接ぎの手順です。

芽接ぎで一番問題なのは、台木の用意だと思います。何しろ売ってませんから・・・だから自分で作るしかないんです。

まず、散歩しながら川べりなんかで自生しているノイバラに目を付けておきます。

秋も深まって、雪でも降りそうな頃には赤い実をどっさりつけているので、鳥に食べられちゃう前に採ってきます。そして、中の種を取り出し、水でよく洗ってから乾かして冷蔵庫(冷凍庫じゃありません)に保管しておきます。(赤実には、発芽抑制成分があるので実ごと蒔いても発芽しません。)

2月か3月ごろ、プランタなどに種まきしておくと、どんどん発芽してカイワレ大根みたいにボーボーになります。爪楊枝くらいになったら、畑に単植するかポットに一本ずつ分けてそのまま育てて鉛筆くらいの太さまで育てます。うまく育てればその年の秋には台木に使える太さになるはずです。

さて やっと本題です。

接ぎ穂の用意は、花が終わって1週間後くらいの枝がいいです。早いと芽が充実してないし、遅いと芽が動いてきてしまいます。まあ、バラという植物は枝先が優先的に成長する頂芽優勢なので深く剪定すればいい芽を採ることはできます。

切った枝は、すぐに水挿しして1~2時間程度、十分水揚げさせておきます。

写真のように充実した芽の下1~2cmのところから少し木質部もかけるようにうすく削ぎます(芽は必ず葉っぱの付け根にある)。このとき少しでも伸びだしている芽は、枯れ込む可能性が高いので避けます。

台木と活着する形成層(人間で言えば真皮)は、皮のすぐ裏にあるので 左下の写真、台木と接触する面を大きくするよう、木質部分は取って皮だけにします。(元気な枝なら、、ツルリと簡単に剥けます。)

次にノイバラの根をすこし掘り出して、芽を接ぐ部分を地上に出します。なるべくまっすぐなところを選んで、横に半周、タテに2~3cmのT字形に切開します。このときも、台木が元気で十分水を上げていれば、ツルリと皮が剥けます。

切開したら、その中に、先ほど削ぎとった芽を差し入れます。このとき絶対に芽の上下を間違えないように注意してください。間違えると、せっかく着いても、発芽することはありません。

そして T字の横に切った位置で余った皮を切りそろえます。これで台木の中に、芽がきれいに埋め込まれ ヴァンガード(5人乗) フロアマット [限定カラー] カーマット ヴァンガード オリジナルマット 【国産 水洗い可 Xライン ブラック×ブラック】【RCP】、形成層同士が密着することができます。

最後に接ぎ口を [在庫あり]KLS-H802D カロッツェリア 8V型ラージサイズカーナビ取付キット ホンダ ヴェゼル(RU1~4)、テープでグルグル巻いて、乾燥しないよう完全に密封します。ただし、芽の上は発芽しやすいように、なるべく重ねないように。

巻きつける強さは 【ノジマ】【NOJIMA】【バイク用】【機械曲げ】YAMAHA XJR1300 07-11 EBL-RP17J FASARM S TITAN V/CAT TYPE-SC チタン機械曲げ チタン製V/CATサイレンサー【NTX225VTI-CLK】【送料無料】、テープが切れない程度の力で・・・なので、ゆるくもなくきつくもなくです。

そして、接いだ品種が分かるように札をつけ、日付も書いておきます。

日付は、上部のノイバラ部分を切るタイミングを得るのに必要になります。切るのは接いでから 、約40日後を目安にし、それまではノイバラを大事に育てます。

ここでの注意点は 【メーカー在庫あり】 (株)マイゾックス マイゾックス デジタルセオドライト DTC-110 DTC-110 JP、芽接ぎを行う前後には、台木の剪定はしてはいけないということ。

剪定してしまうと、養分を送る先をなくして、水揚げする必要がなくなり、ノイバラは一時的に成長をやめてしまうので 、せっかく接いだ芽が枯れてしまいます。

接いだばかりの芽はとても弱く外れやすいので、伸びてきたら、支柱に二箇所以上固定して、風などでゆれて折れないようにしておきます。

以上が芽接ぎのやり方の簡単な説明ですが、自分で挑戦してみたい方の参考になれば幸いです。

自分で一から育てた苗は BODIS ボディス フルエキゾーストマフラー フルエキゾーストシステム ステンレス/フルチタン Oval Q2 ZX-10R、、

■DIXCEL(ディクセル) アウディ A3 (8V) 1.4 TFSI / 1.4 TFSI cylinder on demand 8VCXS/8VCPT/8VCXSL/8VCPTL AUDI ブレーキパッド フロント M タイプ

、思い入れもひとしおだと思いますよ。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-36662