>  > [Bellezza] ベレッツァ ナチュラル シートカバー プリウスα ZVW41W H26/11~ 5人乗 [S / S ツーリングセレクション] ※北海道は送料2300円(税込) 沖縄・離島は要確認

[Bellezza] ベレッツァ ナチュラル シートカバー プリウスα ZVW41W H26/11~ 5人乗 [S / S ツーリングセレクション] ※北海道は送料2300円(税込) 沖縄・離島は要確認

K&N REPLACEMENT FILTER エアフィルター PORSCHE 911 996 3.6 CARRERA 4/4S 996 99-03-01 3600 【33-2786】

December 14, 2009

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

print


  share

  tweet


[Bellezza] 純正バルブ交換 ベレッツァ ナチュラル シートカバー プリウスα ZVW41W H26/11~ NF210 5人乗 [S / S ツーリングセレクション] ※北海道は送料2300円(税込) 沖縄・離島は要確認

December 14, 2009

op-ed / commentary


author
junichi ikeda

Googleが、Nexus Oneという、自前のAndroid Phoneを直販する計画を進めているようだ。

Google Set To Market Own Phone Next Year
【Wall Street Journal: December 13, 2009】

Google testing own phone
【Wall Street Journal: December 13, 2009】

Google Phone May Be in Works
【New York Times: December 12, 2009】

AppleがiPhoneの設計・製造・販売を直接行っているように、GoogleがAndroid Phoneを自前で発売するという話は、可能性としては十分あり得るということで、随分前から噂されていたわけだが 【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 06年以降 トライアンフ アメリカ シルバー TR018-007-0703 JP店、どうやら来年、本格的にSmartphoneベンダーとして市場参入を行うようだ。

今のところのプロダクト名はNexus Oneで、上の記事によれば、Google社内でまずはトライアルをしている、ということ。

なお、「設計・製造・販売」のうち、「製造」の部分は、台湾のHTCが請け負う。このあたりは、アメリカのベンダーでは当たり前になった、ファブレス企業、つまり、製造部分だけ、アジアや欧州のベンダーに発注する方法をGoogleも取るようだ。

そのかわり、設計部分は、インターフェースデザインやそのための技術(タッチスクリーンなど)の選択などまでGoogleが行う。また、販売についても、無店舗販売なのか、店舗を利用するのか、はまだ不明だが、直接Googleが行う計画だという。

そうして、ユーザーがNexus Oneとして体験する「もの・こと」の全て、つまり、ユーザー体験の全てについて、Googleが統括的にデザインしていくことになる。

これは、前にユニクロで指摘した「Fast Biz化」の動きをGoogle自身が取るということだ。

ユニクロのエントリーの時には、Samsungあたりが行うかも、と記していたのだが、ベンダーとしては新規参入するGoogleが行う可能性が高くなった。

Fast Fashionにならっていえば、“Fast Phone”あるいは“Fast Gadget”とでもいうべき動きが始まることになる。

ということで、そのうち、Apple Shopのように、Google Shopがマンハッタンやベイエリアでお目見えするのかもしれない。あるいは、最初から、スタバあたりとコラボレーションの店舗展開をするのかもしれない。それで DIXCEL HS-typeスリットディスクローター前後セットNCP120ラクティス ディスクブレーキ用 10/11~、

[Bellezza] ベレッツァ ナチュラル シートカバー プリウスα ZVW41W H26/11~ 5人乗 [S / S ツーリングセレクション] ※北海道は送料2300円(税込) 沖縄・離島は要確認
AUDISON オーディソン Prima AP8.9bit/R(RHD用) 35W×8chアンプ内蔵9chデジタルオーディオプロセッサー【スピーカー入力&デジタル入力/9chクロスオーバー/タイムアライメント/10バンドP-EQ搭載】!ヘッドライト For 2006-2010 Passat Chorme Halo Projector Headlights+R8 Sty SMD LED DRL Lamps 2006-2010パサートクロームハロープロジェクターヘッドライト+ R8スタイルSMD LED DRLランプ.[KIWAMI] ブレーキパッド フロント用 クイックデリバリー / アーバンサポーター BU280K BU281K 99/08~04/06,【レヴィーア】スバル BRZ(ZC6) アンダードアミラーカバー (付け根部分) 純正交換式 塗装済み クリスタルブラックシリカ:D4S

[Bellezza] ベレッツァ ナチュラル シートカバー プリウスα ZVW41W H26/11~ 5人乗 [S / S ツーリングセレクション] ※北海道は送料2300円(税込) 沖縄・離島は要確認

、店内はWi-Fi体感可能、というのであれば、3Gとデュアルの設計にしておく意味もあろうかというもの。

*

/ [Bellezza] [Bellezza] ベレッツァ [S S シートカバー プリウスα ツーリングセレクション] 5人乗 ※北海道は送料2300円(税込) ZVW41W H26/11~ 沖縄・離島は要確認 ナチュラル H26/11~

今回のNexus One投入計画のような戦略を見るにつけ、つくづく、Googleは試合巧者だと感じる。

「試合巧者」だと感じるのは、Googleは常に“Game-changer”としてのポジションを取るべく、パートナー作りや、市場参入のタイミング 、政策変更の大義、など考慮しながら、ビジネスを進めよう、というか、作り直そう、としているからだ。

*

いうまでもなく、Android Phoneについては、当初、GoogleはOSであるAndroidをオープンソースとして提供し、その採用をアメリカ携帯電話業界のキャリア(Verizon、AT&T ヨシムラ RC-2810 K&N オーバルテーパーエアフィルター φ55、など)やベンダー(Motorola、HTC、など)に求めていた。

キャリアやベンダーからすれば、iPhoneやBlackBerryのようなオリジナル端末が牽引するSmartphone市場に対して、安く素早く参入する策が必要だったわけで、そこで、

オープンソースとしてライセンス料がかからない、
GmailなどのGoogle アプリユーザーの誘導が期待できる、

といった特徴を持つAndroid Phoneは、対Appleの戦略上、有効性の高い選択肢として浮上する。実際、MotorolaのDroid Phoneのように、ベンダーがすでに端末を投入している。

Googleからすれば、iPhoneが当座のところアタックすべきマーケットリーダーであることは間違いないが、まずは、同じくOS提供の形で市場参入しているWindows Mobileの存在をどうにかしなくてはならない。そこで、オープンソースという、Microsoftがもっとも嫌がるタイプのソフトウェア提供を行うことで、まず、Microsoftをなぎ払う。

その上で、iPhoneに照準した自前の端末であるNexus Oneを投入する。

すでにAndroid Phoneを投入しているベンダーからすれば、単純に自社の端末の得べかりしシェアをかすめ取られる、という懸念はあって、決して気持ちよいものではないかもしれないが、しかし、対iPhoneということでいえば、Google自身がiPhoneに直接対抗する端末を作ってくれれば、Apple vs Googleという構図が鮮明になり、ベンダーはAppleとの直接対決を避けることができる。首尾よくGoogleがユーザー体験の面でもAppleよりも人気のある端末を投入してくれれば、その流れに乗って自分たちの端末を進化させることができる。


それに、なにより、このNexus Oneの市場投入、GoogleのSmartphone 市場への直接参入については、Googleの創立者たちが望んでいることで、その意味では、彼らの個人的希望という「我が儘」が設計過程で生かされそうなこと。

iPhoneが設計段階でSteve Jobsのダメだしを何度もくらいながら、現在の形にまで練り上げられたように、歴史上、オーナーの我が儘が反映された端末は、時に商品イメージのとんでもない変化・変容をもたらすことが多い。つまり、半端な端末は設計されないだろう、という期待はいやがおうにでも高まる。

もちろん、その成果については、一か八かの賭になるわけだが、通常、ベンダーから出される商品がユーザーの「今の利用意向」に照準した穏当な商品にとどまりがちなことに比べれば、乗ってみるだけの価値のある賭ともいえるだろう。

このように、ベンダーにとっては、損得の両面からみて、Googleの直接参入を容認できるところはある。

(もっとも、既にMotorolaなど、生産ラインを作ってからのGoogle本家の参入だから、これは、hold-up戦略、つまり、いまさら、契約破棄して退場はできないよね、という作戦でもある。だから、ベンダーも本心はやられた、という感じかもしれない)。

*

それに対して、キャリアの方は、もっとあからさまに不快感を示してくるかもしれない。端末の直接販売を行いながらも、キャリア選択はユーザーに委ねる、というのは、キャリアの携帯電話ビジネスモデルを大きく書き換えることになるから。

アメリカでは、今のところ、iPhoneはAT&T Wirelessが独占的に扱う端末となっている。つまり、AT&T Wirelessが日本のSoftBankのような役割をしている。そのため、AT&T Wirelessが営業していない地域においては、iPhoneは利用できない、という事態が生じ、それはユーザー不在の商売だという非難が出されていた。

あるいは、携帯電話会社が複数参入している地域(たとえば、マンハッタン)においては、端的にiPhoneは競合キャリアから利用者を奪い取るための策の一つに位置づけられていて、契約を奪うところにばかり経営資源が投入されているという指摘もある。実際にiPhoneを利用しようとすると回線が混んでいて使いにくい、という声もユーザーから上がっていた。

ここでもユーザー不在、という指摘がなされ、そのため、AT&T Wirelessの独占契約を見直すべきだ、という議論も起こっていた。

Googleはこういう状況で、いわば、Smartphoneの端末販売の「自由化」「民主化」を大義として参入することになる。

そして、この局面において、Googleとオバマ政権の近さ、あるいは、現FCC委員長であるGenachowskiの親Silicon Valleyの政策志向、がおそらくは追い風になる。

Open InternetやNet-neutralityという方針自体は、携帯端末の自由化をも促す方向に延長して議論することは比較的容易なことであるし、Genachowskiが主張する「Innovationの重要性」という点でも、Smartphoneが、キャリアの支配から解放され 可倒式ビレットブレーキレバー ブレンボOEM用 メタリックシルバー DUCATI Superbike999 K-FACTORY(ケイファクトリー)、ダイレクトにユーザーの利用意向に応えられるような環境を作ることは意味がある。

だから、現時点では、Nexus Oneが直販をするといっても、制度的に障害があるように思われるが、その過程で、ちょうどGoogle Booksの訴訟過程で見られたように、政府関係者も巻き込みながら、新たなビジネスモデルを半ば強引に創り出していく可能性は高いと思われる。

*

昨日のエントリーを書いた直後によもやGoogleのSmartphone市場への直接参入の話が出るとは思っていなかったが、昨日のエントリーの中でiPhoneに触れた箇所で書いたように、iPhoneが私たちに与えた本当のインパクトは、多分、PCとインターネット=ウェブを完全に分離し、ウェブを独立した存在として具体的に想像できるような下地を作ったことにある。

裏返すと、iPhone登場以後は、PCはiPhoneに比べて鈍重なウェブブラウザーという位置づけになる。

つまり、SmartphoneもPCも、どちらもウェブサービスのビューアーであり、入出力装置にすぎない。

この延長線上で考えれば、GoogleがNexus Oneを投入しようとしたのも、むしろ、今後のウェブサービスの充実と、既存ウェブサービスのシェアの維持・確保の方に意味があると考えているからだろう。

実際、ここのところ、Silicon Valleyでは、AppleとGoogleが同じ会社の買収で競い合う場面が増えているという。

Apple, Google Rivalry Heats Up
【Wall Street Journal: December 10, 2009】

近いところでは、音楽サイトのLala Media Inc.の買収が典型的で、このサイトを使って、AppleはiTunes Storeのリニューアルを試みるようだ。

Apple Plots Reboot of iTunes for Web
【Wall Street Journal: December 11, 2009】

これは、今のところ、iTunesが、ユーザーの音楽ファイル管理ソフトとして、もっぱらユーザーのPC上でローカル、場合によればスタンドアロンで利用されている状況を変えていこうとする動きと取ることができる。iTunesが、もともと、ユーザーが持っていたCDの楽曲をmp3ファイルに変換しデータベースとして管理する、その意味でPCローカルな利用に照準したソフトとしてスタートしたのを、なんとか、ウェブ利用のものに変えたい、という動きでもある。

つまり、PCスタンドアロンの利用という重力を振り切って、ウェブの世界にまで離脱し、ユーザーの利用をウェブ・セントリックなものへと、シームレスに変えていこうとしているわけだ。

だから、Lalaの買収は、Appleなりの、ウェブを拠点としたサービス提供への方向転換の、一つの現れと解釈できる。

そして、その「ウェブを拠点にしたサービス」では、当然のごとく、Googleとかち合うことになる。

その「ウェブを拠点にしたサービス」のよしあしという「ユーザー体験」は、ウェブの作り方の善し悪しだけでは決まらず、ユーザーがどういう場所、どういう時に、それを利用するか、ユーザー側のコンディションにも大きく依存することになる。

そして、ウェブの「ユーザー体験」を大きく変える存在として浮上してきたのが、ポータブルなウェブ利用を可能とするSmartphoneということになる。

だから、ウェブ・セントリックの時代には、「ユーザー体験」のコントロールという点で、ウェブサービスの大手が、ポータブル端末にまで進出することになる。AmazonのKindleも、高い視点から見れば、同じ動きだといえる。

*

だから 215/45R17 BRIDGESTONE ブリヂストン REGNO GRV2 レグノ GRV-2 DIAVOLETTO VALENTINA ディアヴォレット ヴァレンティーナ サマータイヤホイール4本セット、GoogleのNexus One 投入計画も、こうした競争状況で競り勝つためのもの。

そのために、試合巧者であるGoogleは、

ベンダーとの仲間作りを先行させることで潜在的インストールベースを確保し、

キャリアとの潜在的対立を、iPhoneによる「端末自由化」論議が熟したタイミングでの参入と、親Silicon Valleyの政府当局の政策方針への相乗り、によって解決する、

という方法で対処しようとしている。

まずは、来年登場するであろう、Nexus Oneの姿形に期待しておきたい。

blog categories

all categories...

magazine / web
articles

more...

books

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-81097