>  > TYGA PERFORMANCE タイガパフォーマンス その他マフラーパーツ 中間パイプ ファイナル MSX125 SF GROM 2nd Gen 16-18
omachizura.com

TYGA PERFORMANCE タイガパフォーマンス その他マフラーパーツ 中間パイプ ファイナル MSX125 SF GROM 2nd Gen 16-18

SQLは他のJAVAやC言語などのプログラミング言語とは異なる考え方で、実装を行う必要があります。

2nd GROM その他マフラーパーツ その他マフラーパーツ 中間パイプ 16-18 タイガパフォーマンス 16-18 SF Gen MSX125 PERFORMANCE TYGA ファイナル

プログラミング言語は基本的には上から順番に実行されていきます 【代引不可】【F863】インプレッサスポーツ [H24/1-H28/10][GP2 / GP3 / GP6 / GP7]定員5人 カジュアル Bellezza ベレッツァ シートカバー。

TYGA PERFORMANCE タイガパフォーマンス その他マフラーパーツ 中間パイプ ファイナル MSX125 SF GROM 2nd Gen 16-18
【車種専用設計】VOLVO/ボルボ XC90 3RD後ろ カーゴライナー ウェザーテック/WeatherTech タン '16y~!AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー ハンドルカラー:アールズブルー (特色) 付属スペーサーカラー:イエロー (特色) 付属スペーサーサイズ:2mm R1200R.【WeatherTech 444981デジタルフィット床ライナー】 b00cdxowzg,MORIWAKI ENGINEERING モリワキエンジニアリング その他マフラーパーツ 【オプションパーツ】テールパイプ COMP CB400スーパーフォア

TYGA PERFORMANCE タイガパフォーマンス その他マフラーパーツ 中間パイプ ファイナル MSX125 SF GROM 2nd Gen 16-18

。これを手続き型言語と呼ぶことが多いのですが、SQLは手続き型言語ではありません。

例えば以下のような課題があるとします。

社員マスタに登録されている全社員のうち、営業部で年齢が30歳以上の社員の給与を3万プラスしたい

社員マスタは以下のようにします ピーエムシー PMC 青サーモ付O/CKIT#9-16J系横黒FIT 88-1243-504 HD店。(コードなどのキー項目は今回は特に考えないこととします)

社員マスタ
社員名部署名年齢給与(万)
テスト社員1開発部2220
テスト社員2営業部3025
テスト社員3営業部2015
テスト社員4開発部4030

この課題を手続き型言語の考えで行う場合、以下のように、フローチャートなどでわかりやすくすることがあります。

社員マスタから全社員を取得 → 1社員ずつループし、部門と年齢をチェック → 対象社員の場合は給与を3万プラスする

この考え方でSQLを実装する場合、ループ処理や分岐処理があるため、ストアドプロシージャなどを作成することになります。

しかし、考え方を変えればSQLはもっと簡単に実装することができます 【USA在庫あり】 ダイノジェット Dynojet ジェットキット 05年 CRF250R 409804 JP店。

集合操作

個人的な感覚ですが、SQLは手続き型言語のように、上から考えるのではなく、集合を操作するという感覚で実装するとうまくいくように思います。

また、上からではなく、逆に下から考えるという発想も必要だと思います。

例えば上記の例だと、まずは社員マスタを更新するという処理から考えます。つまり、UPDATE 社員マスタの部分をまず実装します。(下から考える)

条件を加えなければ全社員が対象となるので、WHERE句で部門と年齢を絞り込むように実装します 【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 00年-03年 トライアンフ TT600 緑 TR014-027-0707 JP店 。(集合操作)

このように考えて実装したSQLは下記のようになります。

UPDATE 社員マスタ T1
SET T1.給与 = T1.給与 + 3
WHERE
 T1.部門 = '営業部'
 AND T1.年齢 >= 30

上記の例のようにシンプルなSQLでは、特に何も考えずに上のSQLが書けてしまうかもしれません。

しかし条件が複雑になってくると、わかりやすくしようとフローチャートを作ったが故に、手続き型言語のように考えてしまうことが多くなってしまいます。

プログラミング言語の基本であるif(条件分岐)やfor(繰り返し)はSQLでは使えないので、1ステップずつ実行するのではなく全件に対して絞り込むという発想が必要になってきます。

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-31371