オリジナル フロアマット プレミアム MAZDA マツダ カペラ (ワゴン/2WD) 年式 H1/6~H9/11 [カペラ 3] 車種別 カーマット 床 車 ポイント消化

オリジナル フロアマット プレミアム MAZDA マツダ アテンザセダンGJ系H24.11~カット済みカーフィルムリア面セット(スモーク) カペラ (ワゴン/2WD) 5穴 年式 H1/6~H9/11 [カペラ 3] 車種別 カーマット 床 車 ポイント消化

有言、邁進。

一度口に出したら、目標に向かって突き進む。

2018シーズン、川崎フロンターレは明治安田生命J1リーグ2連覇を達成。キャプテンマークを巻いて最前線でチームを引っ張った小林悠は年末、先代のキャプテンである中村憲剛と食事をした際にこう言われたという。

「俺と悠の決定的な違いは、悠は後先考えずに大きいことを口にすること。俺だったら言わないな」

大きいこと。シーズン終わりの挨拶でサポーターに向けて、彼はこう宣言した。

「来年はもっと強いフロンターレを見せます!」

リップサービスではないことを知っている中村だからこそのツッコミ。断固たる決意表明だった。

年が明けると、既に新シーズンに向けて目をギラつかせる小林がいた。

「昔から自分はそうでした 。大きいことを言って追い込むじゃないですけど、言った手前、自分もやらなきゃなりませんから。強い意志を示すと、みんな一緒について来てくれるんじゃないかと思うんです。明確な目標をはっきり口に出して、そこに向かってひたすら努力していく。キャプテンであろうがなかろうが、自分はそういう立場でやっていかなきゃいけないと思っています」

己を責めたPK2戦連続失敗。支えてくれたチームメイトと家族。

小林は昨季、得点ランキング日本人トップタイの15ゴールをマーク。得点もさることながら前線のスイッチ役としてのプレッシングや、連係の潤滑油役としてのパスワークでも大きな役割を果たしていた 【送料無料】 235/30R20 20インチ WEDS ウェッズ レオニス SK 8.5J 8.50-20 FALKEN ファルケン アゼニス FK510 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション ブレーキパッド ディクセル ミツビシ ランサー/ランサー セディア CS5A 00/03~04/11 DIXCEL Mタイプ フロント用 341218。

「フォワードなので点を奪える日もあれば、奪えない日もあります。奪えないときに“今日はダメだな„って思うんじゃなくて、そういうときにこそチームにどうやって貢献できるか。昨年は特に守備の部分で、チームの成果が出た1年になりました。僕と(トップ下の)憲剛さんがスイッチを入れることで後ろも連動して高い位置でボールを奪い取る カロッツェリア UD-K614ホンダ(HONDA)、三菱、ニッサン(日産)対応 (ドア2枚分1セット)carrozzeria 高音質インナーバッフル プロフェッショナルパッケージ (16cm、17cm対応)【RCP】。そこは昨年の強さの一部。自分のなかでも試合中にうまく切り替えながらプレーすることができました。キャリアを積んで31歳にもなったし、自分の引き出しが増えてきたかなという思いはあります」

2試合を残しての独走優勝の裏に、小林が己を責め、苦しんだ時期があった。

8月19日、首位を走るサンフレッチェ広島戦で2ゴールを挙げて勝利し、勝ち点差を「6」に縮めた。そこから猛チャージで広島を捉えることになるものの、9月26日の湘南ベルマーレ戦、10月7日の鹿島アントラーズ戦とPKのチャンスを失敗して、勝利を手にすることができなかった。

ただでさえ責任感の強いストライカーに、2試合続けての失敗は小林の背中に重くのしかかった。

「決める確率が高いと思われてPKを任されているのに、勝ち点を自分のせいで取りこぼしていると考えると精神的に結構きつかったですね。これでもし優勝できなかったらと思うと……。

オリジナル フロアマット プレミアム MAZDA マツダ カペラ (ワゴン/2WD) 年式 H1/6~H9/11 [カペラ 3] 車種別 カーマット 床 車 ポイント消化正規品激安通販実中!

(ワゴン/2WD) [カペラ カペラ ポイント消化 年式 MAZDA プレミアム オリジナル (ワゴン/2WD) 3] フロアマット 車 H1/6~H9/11 車種別 床 カーマット マツダ マツダ

。みんなで優勝のために頑張っていて、試合に出ていない選手もチームのために一生懸命やってくれていました。そう思うと余計につらかった」

支えてくれたのはチームメイトであり、家族。

中村憲剛には「お前のゴールには何度も助けてもらっている。すべての責任を背負い込まなくていい」と励まされた。妻には「次もしっかり蹴ったほうがいいと思う」と背中を押された。10月20日、ヴィッセル神戸戦で再びPKの機会が訪れた。鬼木達監督からは「アキ(家長昭博)と相談して決めていい」と言われていた 【セカンドステージ】プリウス 30 前期 後期 プリウスPHV アームレストパネル / 内装 パーツ インテリアパネル PRIUS [カラーバリエーション]Blue。蹴ろうと思っても、気持ちが前に進まない。そんなときに家長のトドメの言葉が胸に響いた。

「お前がフロンターレのエース。お前が蹴れ」

迷いも重圧もなくなった。この先制PKが味方のゴールラッシュを呼び込み、優勝をグッと引き寄せたのだ。

小林曰く「自分は威厳のあるタイプじゃない、後輩にもいじられたりする」。プライベートでも後輩につっこむよりは、逆につっこまれてしまう。そんなキャプテンではあるが、先頭に立って体を張ってきたからこそチームメイトもついてきた。周りに支えられ、常に感謝の気持ちを持って。味方を助けることもあれば、助けられることもある。小林悠を中心にまとまりを見せる2018年のチームは、とにかく勝負強かった。

小林は言う。

「やっぱり一昨年、優勝を経験したことが大きくて試合中にもみんな慌てなくなりました。チーム全体として精神的に強くなったとは思いました。憲剛さんはようやく優勝できて“背負ってきたものが取れて、気持ちが楽になった„と言っていましたし、逆に若い選手たちは優勝して自信を持つことができた。チームの成長を実感として持つシーズンになりました」

2019年シーズン「すべてのタイトルを獲りたい」

3連覇の懸かる2019年シーズン。

小林は「すべてのタイトルを獲りたい」と意気込む。昨季の明治安田生命J1リーグではリーグ最多得点57、リーグ最少失点27失点、2位の広島に勝ち点差12をつけての優勝だった。だが、他のタイトルは獲れていない。特にアジアクラブNo.1を決めるAFCチャンピオンズリーグ(以下、ACL)ではグループリーグで1勝もできずに敗退した。今季はJ1の3連覇のみならず、J1、過去ベスト8が最高位のACL、その他の国内タイトルとすべてのタイトルをガムシャラに狙っていく覚悟だ。その一戦目となるのがリーグ王者と天皇杯王者が対戦する「FUJI XEROX SUPER CUP 2019」になる。

対戦相手は天皇杯王者の浦和レッズだ。昨年はリーグ戦で2連敗、一昨年はACLの準々決勝第2戦で1-4と大敗を喫して第1戦のリードを守り切れなかった因縁もある。あの屈辱の舞台と同じ、会場は埼玉スタジアム2002。しかし小林は「過去よりも今」と言い切る。

「過去のことを僕はあんまり気にしない。今年、どういった戦いを見せるかが大事ですから。埼スタは、アウェイの立場としてモチベーションが上がる。レッズに対する応援は逆にこっちも刺激されますから。だから今回も凄く楽しみですよ」

昨季もJリーグ王者として「FUJI XEROX SUPER CUP 2018」に出場したが、天皇杯王者のセレッソ大阪に2-3で敗れた。前回の経験も活きると小林は言う。

「シーズン最初の試合ということでコンディション面、連係面でどうしても難しいところが出てくる。(前回は)自分たちのサッカーができなくて“なぜ前の年にやれていたことができないんだろう„って固執してしまった感があるんです。うまくいかなかったら、勝つために割り切るしかない。その切り替えが大切になってくるとは思っています」

ディフェンディングチャンピオンは今季も積極的な補強に踏み切った。世界でも活躍したレアンドロ・ダミアンを含め3人のブラジル人選手が新加入。複数のポジションをこなせるユーティリティープレーヤーの山村和也もセレッソ大阪から加わった。

「いいフォワードが入ってくれたら、僕としても凄く刺激になります。チームとしては(右サイドバックの)エウシーニョが抜けたので、その穴をどう埋めていくか。メンバーも変わったので去年とまったく同じサッカーにはならない 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:エクストレイル(T31系)】HOT STUFF プレシャス アストM1 ブラック/リムポリッシュ 8.0Jx18エナセーブ RV504 225/50R18。どうプラスアルファしていくかは、僕自身楽しみでもあります」

節目の10年目。フロンターレに対する強い愛

もっと強いフロンターレを見せる。そのために大切なことは?

小林は「始まりが大事になる」と即答した。

「優勝するチームって始まったときに決まっていると僕は思うんです。強いフロンターレを見せたい、タイトルを獲りたいと本気で思う選手がどれだけいるのかどうか。16年にJリーグチャンピオンシップで負けて、17年はルヴァンカップも決勝で勝てなくて、みんな悔しい思いをしました。あの気持ちがあったから次の年に優勝できたと思うし、昨年は優勝できた自信を持って最初から臨めたから優勝できたと思っています。今年も本気になって目標を目指していくために、そのためには経験ある憲剛さんや僕たちで引っ張っていけたらという思いが強くあります」

2010年に拓殖大からフロンターレに入団して、今年が節目の10年目。フロンターレ愛は、誰にも負けない。

「もともと攻撃スタイルが好きでしたし、入ってみてフロンターレがもっと好きになりました。憲剛さんや伊藤宏樹さんたちがアットホームな雰囲気をつくってくれて、サポーターのみなさんも温かい。昔は“フロンターレのサポーターはチームに優しすぎる„とか言われていました。そんなサポーターを優勝チームのサポーターにできたことは嬉しく思います。僕としては先輩たちがつくってくれた、このチームの雰囲気に乗っかってきただけですけど、継続させていきたいですよね。できることならば僕自身、このクラブでずっとやっていきたいなって思います」

充実のフロンターレを引っ張る、充実の背番号11。3年連続でキャプテンを務めることも決まった。

始まりが良ければ、「もっと強いフロンターレ」が待っている。目標に全員で向かっていくために「FUJI XEROX SUPER CUP 2019」は勝利にこだわる。

オリジナル フロアマット プレミアム MAZDA マツダ カペラ (ワゴン/2WD) 年式 H1/6~H9/11 [カペラ 3] 車種別 カーマット 床 車 ポイント消化

(文・二宮寿朗)

このページのトップへ