>  > Esjot エスヨット スチール製スプロケット 丁数:34
ファイナンストップNISA(少額投資非課税制度) > 退職金、一時金と年金どちらで受け取るのが有利か

Esjot エスヨット スチール製スプロケット 丁数:34

Esjot エスヨット フロント スチール製スプロケット 丁数:34 ホルダー

2016-05-13

丁数:34 スチール製スプロケット エスヨット 丁数:34 Esjot エスヨット

 退職金というと退職時に一括で受け取るイメージですが、近年、一時金に替えて年金で受け取ったり、一時金と年金を一定の比率に分けて受け取ったりすることも選択できる企業も増えています。このような企業に勤務されている50代の方は退職金を一時金と年金どちらで受け取るか、あるいはどのような比率でこれらを受け取るか迷っている方も多いのではないでしょうか。

 年金で受け取る場合には一般的に一定の予定利率による利息(運用益)も加算されるため LE MANS V 155/65R14 75H、一時金で受け取る場合よりも受取総額は多くなります。したがって、単純に考えるとこの予定利率よりも高い運用ができる自信がある方は一時金で、自信がない方は年金で受け取るのが有利となります。しかし、現実には一時金または年金で受け取ることで発生し得るコストがあります。その大きなものとして税金があります。税金が最も少なくなる受け取り方はどのような方法か見ていきたいと思います。また、年金で受け取る場合には国民健康保険料などの社会保険料に影響を与える場合がありますのでその点にも注意が必要です。

一時金と年金に係る税金

(1)一時金に係る税金

 一時金は退職所得となり その他 (まとめ) オイル受皿 E189 【×10セット】 ds-1631211、退職所得の金額は次の算式で計算されます。(特定役員退職手当等の場合は算式が異なります。)
(収入金額-退職所得控除額)×1/2=退職所得の金額
この算式の中の退職所得控除額は次のように計算されます。

図表1:退職所得控除額の計算式

(注)勤続年数の期間に1年未満の端数があるときには、1年切り上げ。

 計算された退職所得の金額(退職所得から控除する所得控除がある場合には控除後の金額)に対して次の速算表に応じた所得税が課税されます。

図表2:所得税の速算表

 さらに退職所得の金額に対して10%の住民税と、上で計算された所得税額の2.1%の復興特別所得税が課税されます。

 たとえば、一時金が2,000万円で勤続年数が30年の場合、退職所得の金額は、

{20.000,000円-(8,000,000円+700,000円×(30年-20年))}×1/2=2,500,000円
となります。この退職所得の金額に対して課される税金は、

  • 所得税:2,500,000円×10%-97,500円=152,500円
  • 住民税:2,500,000円×10%=250,000円
  • 復興特別所得税:152,500円×2.1%=3,202円

となります。

(2)年金に係る税金

 年金で受け取る場合、この年金は雑所得の公的年金等として次の算式で所得金額が計算されます。
収入金額-公的年金等控除額=公的年金等に係る雑所得の金額
この算式の中の公的年金等控除額は年齢に応じて次のように計算されます。

図表3:公的年金等控除額

 計算された所得金額は、不動産所得、事業所得、給与所得、公的年金等以外の雑所得などと合計して総所得金額を構成します。総所得金額から基礎控除、配偶者控除などの所得控除額を差し引いた金額に対して退職所得の金額と同様に所得税、住民税、復興特別所得税が課税されます。(所得控除額は所得税と住民税で金額が異なるものがあります。)

(3)一時金と年金の比較

 一時金の場合、退職所得控除額以下であれば課税対象となる所得は発生しませんので税金はかかりません。また、退職所得控除額を超える場合でも課税対象となる所得は超えた金額の1/2となるため税負担が軽減されています。さらに退職所得は給与所得、不動産所得、事業所得 DUNLOP ダンロップ WINTER MAXX 02 ウィンターマックス WM02 スタッドレス スタッドレスタイヤ 175/70R14 MANARAY EUROSPEED BL10 ホイールセット 4本 14インチ 14 X 5.5 +38 4穴 100、雑所得などと合算されず別個に税率がかけられるため、相対的に低い税率が適用され優遇されています。注意すべき点として、確定拠出年金など他の退職所得に該当するものがある場合には、原則として退職所得控除額は別々には計算されないということがあります。

 一方、年金の場合にも公的年金等控除額があるため所得金額は収入金額よりも低くなると思われます。しかし、老齢基礎年金や老齢厚生年金など他の公的年金等を同時に受給する場合にはこれらと合算して公的年金等に係る雑所得が計算されることに注意が必要です。たとえば、65歳以上で老齢基礎年金と老齢厚生年金が計180万円ある場合の公的年金等控除額は120万円ですが 【メーカー在庫あり】 イスカルジャパン(株) イスカル A チップ COAT 10個入り GFF3R HD店、このとき企業年金100万円を受け取るとすると収入金額は合計で280万円ですから公的年金等控除額は120万円のままです。増えた企業年金100万円が丸々所得金額になってしまいます。また、公的年金等に係る雑所得は、不動産所得、事業所得、給与所得、公的年金等以外の雑所得などと合計して税率がかけられるため、これらの他の所得がある場合には相対的に高い税率が適用される可能性があります。

 年金での受け取りを検討する場合には、老齢厚生年金の受給が今後段階的に65歳からになるため公的年金等控除額を企業年金から控除できるよう60歳から64歳までの5年間で受け取るプランを軸に検討すると税金上は有利となります。また、年金での受け取りで所得が発生する場合でも基礎控除や配偶者控除などの所得控除により実質的に課税される所得があまり生じない額であればそれほど不利にはなりません。

年金で受け取る場合の社会保険料等への影響

 年金で受け取る場合には税金のほかに国民健康保険料 【KYB】New SR SPECIAL 《リア用単品》 カムリ/ビスタ/アルディオ SV32用 品番:NSC4095 ベーシック・ショックアブソーバの決定版、介護保険料、後期高齢者医療保険料への影響も考慮する必要があります。まず、国民健康保険料についてですが、国民健康保険料は住んでいる市区町村によって計算方法が異なります。所得割と均等割を基本にして計算されますが、このほかに平等割や資産割などがある場合もあります。この中で所得割は基本的に総所得金額等から33万円を控除した金額に対して一定の料率をかけて計算されるため、年金で受け取ることで所得が増加する場合には国民健康保険料が増加することになります。また、一定の所得金額以下である場合には均等割や平等割の一部が軽減される場合もあり、年金で受け取ることでこの軽減額に影響を与える可能性もあります。

 介護保険料も市区町村によって計算方法が異なりますが、基本的には住民税の課税状況や合計所得金額に応じて段階的に定められています。年金で受け取ることで合計所得金額が増える場合にはやはり保険料が増える可能性があります。

 後期高齢者医療保険料は所得割と均等割で計算されますが、都道府県によってその料率が異なります。所得割は基本的に総所得金額等から33万円を控除した金額に対して一定の料率をかけて計算されるため、年金で受け取ることで所得が増加する場合には保険料が増加することになります。また、一定の所得水準の場合には均等割や所得割の一部が軽減される場合があり、年金で受け取ることでこの軽減額に影響を与える可能性もあります。

 また、これらのほかに一定の所得水準がある場合には、

Esjot エスヨット スチール製スプロケット 丁数:34
NAP/ナップ O2センサー アトレー S120V!【送料無料】 205/45R16 16インチ BRIDGESTONE ブリヂストン バルミナ TR10 6J 6.00-16 HANKOOK ハンコック ヴェンタス R-S4 Z232 サマータイヤ ホイール4本セット.フロントフォークガード(Mサイズ) カーボン製 CB1100(10年~) K-FACTORY(ケイファクトリー),【D709】ムーヴ [H18/10-H20/10][L175S / L185S] カジュアル Bellezza ベレッツァ シートカバー

Esjot エスヨット スチール製スプロケット 丁数:34

、70歳以上の医療費の窓口負担が増えたり、高額療養費制度における自己負担限度額が上がったりする場合があります。年金で受け取ることで所得が増え医療費負担が増える可能性があることにも注意が必要です。

一時金と年金の選択

 自分が一時金と年金のどちらで受け取る方が有利かを知るには実際に自分の条件に合わせて計算をしてみる必要があります。まず、会社の制度で一時金と年金をどういう比率で選択することができるのか、また、年金の期間は何年にすることができるのか 、年金にした場合の予定利率などを調べます。次に60歳以降の給与や企業年金以外の年金、その他の所得などがどれくらいになるのか、また、所得控除がいくらくらいになるのかを調べます。そして自分の住所地の国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料の算定方法を調べます。これらの条件から一時金と年金の総収入金額、税金、社会保険料をシミュレーションすることになりますが、かなり手間がかかる作業となります。確定拠出年金の制度もある場合には、これも一時金と年金の選択を同時に検討する必要があります。また、社会保険料の将来の料率は変わってきますので正確なシミュレーションはできません。

 シミュレーションが難しい場合には相対的にコストが抑えられる次のような受け取り方を軸に検討されることをお勧めします。(必ずしも最適になるとは限りませんので注意してください。)

  • 1.退職所得控除額を超えない範囲でできるだけ一時金で受け取る。
  • 2.上記1.でなお余りがある場合には60歳から5年間、70万円以下の年金で受け取る。(他に所得が発生しないのであれば103万円以下としてよい。)
  • 3.上記2.でなお余りがある場合には一時金の受取額を増やす。

犬山 忠宏

【いぬやま ただひろ】

1959年生まれ。神奈川県藤沢市出身。犬山忠宏税理士事務所/FPオフィスp.1代表。機械メーカーを早期退職後税理士・FPとして独立。税務だけでなく企業の経理から個人の家計管理、

Esjot エスヨット スチール製スプロケット 丁数:34

、資産運用まで幅広くトータルなアドバイスを行っている。

犬山忠宏税理士事務所/FPオフィスp.1ホームページはこちら

FPコラム一覧

{yahoojp} {apl.morningstar.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-59297