>  > 【イベント開催中!】 SP武川 SPタケガワ カムシャフト ハイパーチューニングセット(ビッグスロットルボディー仕様) グロム

« 豚骨スープ with 酒粕 の作り方 | トップページ | 乾物・親鶏スープのあっさり醤油ラーメンで実食! »

2012年8月11日 (土)

【イベント開催中!】 カムシャフト SPタケガワ ハイパーチューニングセット(ビッグスロットルボディー仕様) SP武川 SP武川 グロム SPタケガワ

サイトマップはこちら

今回の自作ラーメンは、「背脂チャッチャ」作りです M-DESIGN エムデザイン MD-Rリアサスペンション ブラックバージョン カラー:ゴールド シグナスX 1型、シグナスX 2型、シグナスX 3型、レーシング125、BWS125。何その変な名前?と思う人もいるでしょう。下の写真にあるような、ラーメンに細かく浮いている背脂のことです 武川 パワーサイレントオーバルマフラー政府認証 トリシティ125。これの正式名称がわからないので通称で書いてます(笑)




<背脂チャッチャ系>
豚の脂身のこと。融点が低く水に溶けやすくとろりとした食感がある。ラーメンのスープに上品なコクと旨味を与える。これをラーメンの仕上げにザルでこして「チャッチャッ」ふるのが「背脂チャッチャ系」といわれるラーメンである。ラーメン評論家の石神秀幸が、網で背脂をどんぶりに振りかける動作からこの語を用い始めたとされる オイルクーラーキット ストレート #8 12-13R ACTIVE(アクティブ) XJR1300(98~10年) 。

<材料>



・背脂   40g

<作り方>


水で柔らかくなるまで煮るだけです。背脂の量が多ければそれだけ時間がかかるでしょう。

今回は、豚骨スープを作ってる最中に背脂を抜いて作りました。

 





穴あきのお玉がないので包丁で切りました。穴あきのお玉があれば柔らかくなった背脂を乗せて、その名の通りにチャッチャとやれば出来ます。






ビンに入れて保存。冷凍した方がいいのかどうかは分からないので、様子を見ながら考えます(笑)

 

<実食>



ちょっと入れる量が少なかったかな?食べた感じでは劇的に味が美味しくなるって感じではないけど、確かにコクというか甘みを感じる 15インチN BOX+JF系 ターボ車WORK エモーション T7R アッシュドチタン 5.0Jx15SINCERA SN832i 165/55R15。なかなか使えるね。

 

ブログランキングに参加してます。
ワンクリックしてもらえると嬉しいです!


にほんブログ村


男の料理 ブログランキングへ

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-47543