>  > AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー ハンドルカラー:ピンク (特色) 付属スペーサーカラー:ホワイト 付属スペーサーサイズ:4mm Multistrada 1200

AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー ハンドルカラー:ピンク (特色) 付属スペーサーカラー:ホワイト 付属スペーサーサイズ:4mm Multistrada 1200

AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー グループエム/GruppeM ハンドルカラー:ピンク (特色) VARTA/ファルタ 付属スペーサーカラー:ホワイト 付属スペーサーサイズ:4mm Multistrada 1200

« ジュール・ヴェルヌの地底探検(1976年 【超特価】PIRELLI(ピレリ) DIABLO SUPERCORSA V2 200/55ZR17 ディアブロ スーパーコルサV2 国内正規品、

AELLA アエラ アルミ可変ハンドルバー ハンドルカラー:ピンク (特色) 付属スペーサーカラー:ホワイト 付属スペーサーサイズ:4mm Multistrada 1200


■商品番号
AE-27033-04mm-PK/WT-AC-AL

■商品概要
【素材/材質】アルミ
【仕様】
・クロムモリブデン鋼位置決めピン採用
・純正ハンドガード対応
・スイッチボックス位置決め穴開け加工済み
・ケーブル及びホース交換不要
・完全専用設計
・4ハンドルポジション(絞り角)可変式
【ポジション】
《純正ハンドル幅835mm》
・絞り角14°幅808mm /引き12mm手前(中央クランプ部反転時)
・絞り角16°幅803mm /引き17mm手前
・絞り角18°幅797mm /引き22mm手前
・絞り角20°幅790mm /引き27mm手前
【付属品】スペーサー


付属スペーサーサイズ:4mm ハンドルカラー:ピンク (特色) 付属スペーサーカラー:ホワイト

■適合車種
▼DUCATI
Multistrada 1200 10-14

■詳細説明
ライダーひとり1人に合わせてポジションを変えることができたら。
そんな夢のような機構を実現させたのが「AELLA可変ハンドル」です。
アルミのインゴットから削り出され、必要な剛性を確保、迫力のある見た目もAELLAパーツのアイデンティティとなっています。
手を伸ばせばあるべきところにハンドルがある。
握った感じも体にストレスがなく、自然体そのもの。
AELLAはそんな理想ポジションを実現すべく日夜ノウハウの蓄積を地道に行っています。
肉抜き加工による軽量化と過度な硬質感の緩和。
ボルト単品より補修可能。

・スペーサーサイズについて
標準で付属するのは「2ミリ」です。
他にも4、9、14ミリがあります。

■注意点
※画像には他のカラーリングが含まれます。
※Multistrada1200DVT(15-)には、AE-27031が適合します。
※AELLA製ハンドルバーエンドスライダーはAE-68302が適合します。

、スペイン) | トップページ | ペッコリーナ使用後の感想 »

(特色) 1200 ハンドルカラー:ピンク 付属スペーサーサイズ:4mm Multistrada アルミ可変ハンドルバー 付属スペーサーカラー:ホワイト AELLA アルミ可変ハンドルバー (特色) アエラ

監督:ジョージ・ミラー
出演:バリー・ハンフリーズ、パメラ・スティーヴンスン、タアオ・ペングリス
備考:スパイアクション・コメディ

あらすじ…オーストラリアのレス・パターソン教授(アル中)は ヘッドライト 2011-2014 CHEVY CRUZE TWIN HALO ANGEL EYE PROJECTOR HEADLIGHTS LED BLACK 2012 2011-2014 CHEVY CRUZEツインハローエンジェルアイプロジェクターヘッドライトLED BLACK 2012、国連総会の演説で大失態を犯し 、アラブの小国・アブビニアの大統領を焼き殺してしまう。それを詫びるためにアブビニアへ派遣されたが 【送料無料】 205/50R17 17インチ CLIMATE クライメイト アリア 7J 7.00-17 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】、そこでひょんなことからH.E.L.Pウイルスを知る。

 何だかんだで結局世界は救われ 送料無料 CX-5 KE#系(H24/2~H26/12)フォグランプ対応 H8/H11 LED コンバージョンキット 30W 6000K 2500lm 光軸調整済み 純正準拠 ホワイト ランプ ライト gracias 汎用 左右セット【即日発送】、ハッピーエンド。パターソン教授はノーベル平和賞を受賞します。ノーベル平和賞が欲しくて欲しくてたまらない某宗教団体の教祖様はこれを見たらどう思うんでしょうか。

 又、一応この映画にもアクションシーンがあるのですが、アクションをやっているのが爺さんと婆さんだから、動きにキレがなくて迫力がない。まあ、老人にハードな動きはさせられないからしょうがないか。

 最後に、この映画のキモであるコメディーについて。
 国連総会でのアイルランド人の振舞や、ホテルの名前が「ソドム」だったりと、小ネタは結構利いているようです。

2008年4月 6日 (日) 1980年代映画 | 固定リンク

« ジュール・ヴェルヌの地底探検(1976年、スペイン) | トップページ | ペッコリーナ使用後の感想 »

コメント

コメントを書く